WeWork KITAGUCHI


CO-WORKING OFFICE



Client : WeWork Japan
Location : Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
Program : Co-Working Office, Lounge, Cafeteria
Area : 5300 sqm

Year : 2017
Status : Completed

Photos : WeWork 

In the 1980’s someone at Ernst & Young, an international accounting firm, made a quick calculation on office usage on the back of a paper napkin. The results were astonishing, occupancy rates of the workspace are very inefficient. Think of it: of the 365 days of the year, at least 100 days a year the office space is not used. To make matters worse, of the 24 hours around 16 hours a day the office remains empty. In addition to that, not all the employees sit the whole day at his or her desk. Some staffs are rarely at their desk. Ernst & Young, good accountants as they are, saw a unique business opportunity: instead of giving every employee their desk they provided spaces for their staff to work when they are in the office, it could be at a desk (that they would share with others), it could be a room that they could reserve in advance. They called it: “hoteling”.

WeWork is taking this thought a step further, companies rent a minimum space from WeWork and instead of building meeting rooms, break-out spaces, these type of auxiliary spaces are used when needed and shared with other companies. WeWork was not the first to call for this Workplace Sharing but they are arguably the most successful in setting up this concept. WeWork provides space for any company, from a one-man operation to a full-blown organization and giving them space to work. Also, they will give these companies access to exquisitely designed meeting rooms, cafeteria’s, phone booths, mother rooms, conference rooms, and game rooms, not owned but shared with others. It’s Hoteling 2.0.

1980年代、国際的な会計事務所であるアーンスト・アンド・ヤングの1人が、紙ナプキンの裏側でオフィスの使用状況をすばやく計算しました。結果は驚くべきものであり、オフィスの占有率は非常に非効率的であることが判明しました。考えてみてください。1年のうち365日のうち、少なくとも1年に100日はオフィススペースは使用されていません。さらに悪いことに、1日24時間のうち約16時間は、オフィスは空のままです。それに加えて、すべての従業員が一日中自分の机に座っているわけではありません。一部のスタッフはめったにデスクにいません。優れた会計士であるアーンスト・アンド・ヤングは、ユニークなビジネスチャンスを見出しました。すべての従業員にデスクを提供する代わりに、彼らがオフィスにいるときに作業するためのスペースを提供するというものです。スペースはデスク(シェアデスク)であったり、会議室であったりしますが、事前に予約可能なものです。彼らはこの仕組みを「ホテルリング」と呼びました。
WeWorkはこのアイデアをさらに一歩進化させ、企業は会議室やカフェテリアを自社で持つ代わりに、WeWorkから最小限のスペースを借り、借りたスペースは必要に応じて使用されますが、他の企業とも共有します。 WeWorkは、このシェアリングオフィスの概念を最初に展開したというわけではありませんが、間違いなく、この概念の下で最も成功していると言えます。 WeWorkは、ワンマンオペレーションから本格的な組織まで、あらゆる企業にワークスプレイスとしてスペースを提供しています。また、これらの企業は、共有で使用できる会議室、カフェテリア、電話ブース、マザールーム、大会議室、ゲームルームにもアクセスできます。これこそ「ホテリング ヴァーション2.0」と言えるでしょう。







Mark